冷え性対策「冷え取り靴下リンマー」割引価格

「野蚕シルクで出来た重ね履き冷え取り靴下リンマー」の初回限定お試し特別価格のキャンペーン情報のご紹介です。
足先から温かく、夜中に目が覚めず朝まで快適です。
「リンマー」は販売本数23000足を突破した、今、売れに売れている「冷え性対策グッズ」です。

sponsorlink

「冷え取り靴下リンマー」商品内容

◇商品名:「野蚕シルクで出来た冷え取り靴下リンマー」
◇セット内容(1セット):
絹5本指ソックス1足、指5本指ソックス1足、内絹外麺先丸ソックス1足

「冷え取り靴下リンマー」特長

有名芸能人が毎月表示を飾る雑誌「ポコチェ」に掲載されました!
新・冷え性対策の定番は「リンマー」と太鼓判!

≪こんな方にオススメ!!≫
あなたは、こんな悩みをかかえていませんか?
□何枚着ても寒気がおさまらない…
□養命酒やサプリを摂っても夜中に目が覚める…
□お風呂から寒くて出られない
□ホットヨガやストレッチを続けられない
□ホッカイロや湯たんぽを使用しても、温かさを感じない…
□身体を温めてくれる飲料や食品を摂取しているけど…

これらは「冷え」からくる症状です。
「冷え」を改善するには足元を温めることです。

足元を温めるには毎日、38~40℃のお湯で30分半身浴を続けることです。
しかし、そんなことは続けられないというあなたに。

靴下の重ね履きをおススメします。
ただ、靴下の重ね履きなら何でもよいわけではありません。

そこで、「冷え取り靴下リンマー」です。

≪野蚕シルクで出来た「冷え取り靴下リンマー」7つのこだわり≫
●1:身体を足の先から温めてくれる保温性
野蚕(やさん)から採れる絹(シルク)は、家蚕と比べ、丈夫で軽くて柔らかく、保温性及び放湿性、防臭性に優れた特性があります。
※家蚕:人工的に家畜として育てられている蚕のことで、一般的に流通している製品のほとんどは「家蚕」です。

●2:重ね履きしても足首を締め付けない設計
靴下を重ね履きする際に、足首を締め付けてしまうと、足の先に血液が届きにくくなり、足が冷える原因となります。

その為、 『冷え取り靴下リンマー』は、3枚目のカバーソックス以外は全てゴムを使用しておらず、足首を締め付けない設計にしました。

●3:足汗で足を冷やさない吸湿・放湿性
野蚕の絹糸(冷え取り靴下リンマー)は家蚕の絹糸(往来の冷え取り靴下)と比較して1.4倍の吸湿・放湿性が確認されました。

●4:抗菌性に優れ、長時間続く消臭効果
絹は、抗菌性が高い繊維です。その為、足の臭いの原因となる雑菌の繁殖を抑えてくれます。

●5:身体にやさしい制電性と低摩擦性
絹と綿は、天然繊維なので、化学繊維と違って静電気を起こしにくく、ビリっとこない上に、チリやホコリをよせつけません。
また、綿とシルクは、摩擦抵抗も少ない為、赤ちゃん、ご年配の方、肌トラブルに悩む方にもおススメです。

●6:洗濯後も分かりやすい設計
洗濯後も靴下の素材やサイズが分かりやすいよう、履き口やゴムの色を変えています。

●7:薄くて履きやすく、ごわつかない設計
野蚕シルクを使用する事で、薄くても保温性が高い為、履きやすく、重ね履きしてもごわつきません。慣れると1分程度で履けます。

「冷え取り靴下リンマー」口コミ評判

\満足度91.3%/
お客様のお喜びの声

「加圧靴下などは寝ている間に苦しくなって脱いでしまうこともありましたが、リンマーは朝までぐっすり眠れ、快適です。足元が温かいと身体全体が温まるようで、寒さにも強くなった気がします。体が温まることで、むくみも少し取れてきた気がします。」(女性・41歳)

「リンマーを履いてみたところ、足全体がポカポカと温まり、使い捨て狩りとや電気あんかを使う必要がなくなりました。カイロ代が浮いて助かっています♪」(女性・28歳)

※内容はお客様個人の体験談・感想であり、感じ方には個人差があります。効果を保証するものではありません。
※年齢は、取材当時。

「冷え取り靴下リンマー」特別価格(値段)

◇セット価格
[1セット(3足)]300円OFF!
通常価格4,100円(税込)⇒特別価格3,800円(税込)+送料360円

[2セット(6足)]1000円OFF!
通常価格7,200円(税込)⇒特別価格7,200円(税込)送料無料

[3セット(9足)]2,100円OFF!
通常価格12,300円(税込)⇒特別価格10,200円(税込)送料無料

◇対象
期間限定割引
1日限定20名様
※期間終了後、または予定人数に達し次第、キャンペーンは予告なく終了いたします。
◇販売元:サンエイ株式会社
▶公式サイト⇒野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】
※商品に関する注文・お問い合せは直接、上記の販売元にお願いいたします。

sponsorlink

冷え症の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ