にんじんジュースは癌に効果あり?人参ジュースの作り方と飲む時間【徹底解説】

ニンジンジュースと言えば、ゲルソン療法が有名ですが、ガンに効果があると言われています。
しかし、実際はどうなのでしょうか?
人参はがん予防に有効とされるカロテン類やナトリウムの排出を促すカリウムが含まれています。
但し、ニンジンジュースさえ飲めば癌が治るというのは大きな誤解です。
では、何故、ニンジンジュースが癌に効くと注目されるのか?
ここでは、ゲルソン療法、ゲルソン療法をアレンジした星野式ゲルソン療法の内容、及び、ニンジンジュースの作り方・注意点、国産・無農薬栽培の人参の入手方法、市販の国産ニンジンジュースについて徹底解説します。

sponsorlink

ゲルソン療法

にんじんジュースが注目されるきっかけはゲルマン療法です。
ゲルマン療法は、ドイツの医師マックス・ゲルソンが1930年代に開発した食事療法です。

ニンジン

ゲルソンは元々、結核の患者を食事療法で100%治していました。
次に挑戦したのが癌治療でした。

結核の100%には及びませんが、当時すでに末期がんでも50%は治したというから驚きです。
※現代医学では末期がんは100%治りません。

ゲルソンには「ガン食事療法全書」という著書があります。

がんの原因

ゲルソンは癌の原因を次のように考えました。
栄養代謝の乱れ(塩分・脂肪や動物性たんぱく質などの過剰摂取)⇒免疫力低下⇒自然治癒力の低下⇒癌発症

ゲルソン療法の食事に関するポイント

ゲルソン療法のガン治療に関する食事療法のポイントは以下のものです。

●完全菜食主義
●1日2L以上、野菜・果汁ジュースを飲む(1時間おきに13回)
●厳格な無塩食
●脂肪(脂質・動物性、植物性の油)の制限
●未精白の穀物摂取

ゲルソン療法のがん克服効果

ゲルソン療法で癌を克服した方は世界中に数千人いると言われています。
日本では、ゲルソン療法でガンを克服した人の体験記集「ガン勝利者25人の証言―自然・栄養療法でガンを治した」が刊行されています。

ゲルソン療法が癌に効果があるのは間違いありません。

しかしながら、ゲルソン療法の厳格な実践は、入院して治療に専念できる環境がなければ難しいです。

そこで、自ら癌を克服した内科の医師の星野仁彦先生が考案したのが星野式ゲルソン療法です。

星野式ゲルソン療法とは?

ゲルソン療法を仕事を続け乍らでも行えるようにアレンジしたのが星野式ゲルソン療法です。
▶詳しくは⇒「ガンを食事で治す星野式ゲルソン療法 (5年生存率0%からの生還) 」

星野式のポイントは以下になります。

●野菜ジュースを大量に飲む。
飲む量は400mlを1日3~5回、計1,200~2,000ml。
●イモ類や未精白の穀類などの炭水化物と、豆類、野菜、果物、ナッツ類、海藻類を中心の食事
●無塩食
●油と動物性食品を制限する
●嗜好品や食品添加物をとらない

ゲルソン療法と星野式の大きな違いは野菜ジュースの摂り方です。

●ゲルソン療法:1日2L以上、野菜・果汁ジュースを飲む(1時間おきに13回)
●星野式:飲む量は400mlを1日3~5回、計1,200~2,000ml

野菜ジュースが1日13回から1日3~5回に緩和されています。

但し、「野菜ジュース」という言葉は出てきますが、「にんじんジュース」という言葉はまだ出てきていません。

ゲルソン療法と「にんじんジュース」にはどういう関係があるのでしょうか?

ゲルソン療法とにんじんジュース

星野式ゲルソン療法の考案者である星野医師の以下の著書に「にんじんジュース」の記述あります。
●「ガンを食事で治す星野式ゲルソン療法 (5年生存率0%からの生還) 」
「がんの芽をつむにんじんジュース健康法 」

「がんの芽をつむにんじんジュース健康法 」はどちからというと、がん治療というよりは、ガン予防の為の本ですが、基本は星野式です。

野菜ジュースの摂り方

ゲルソン療法では、大量の新鮮な生野菜ジュースを「抗がん剤代わり」と位置づけており、星野式でも本家よりはやや少ない物の、大量の野菜ジュースを飲みます。

野菜ジュースの1日飲む量

1回500mL野菜ジュースを1日3回以上飲みます。

1回の量に関しては、「がんの芽をつむにんじんジュース健康法 」(2011年)では1回400mLとあるのが、「ガンを食事で治す星野式ゲルソン療法 (5年生存率0%からの生還) 」(2017年)では500mLになっています。

「ガンを食事で治す星野式ゲルソン療法 (5年生存率0%からの生還) 」の方が、刊行が新しいので、こちらを採用することにします。

野菜ジュースの材料

野菜ジュースの材料としては、人参、カブ、大根、キャベツ、小松菜、白菜、レタス、パセリ、セロリ、ピーマン、ジャガイモなどの野菜、リンゴ、レモンをはじめとする柑橘類(原則として国産)などの果物を、適宜組み合わせてジュースを作ります。

ニンジンジュースの作り方:注意点

ジュースを作る時の注意点はニンジンジュースとその他の野菜ジュースは分けて作ること。

理由は、ニンジンには、アスコルビナーゼというビタミンC分解酵素が含まれていので、そのまま青野菜ジュースと混ぜると、青野菜に多いビタミンCが破壊されてしまう為。

ここでようやく「ニンジンジュース」という言葉が出てきました。

ニンジンジュースの基本的な作り方

①人参+レモン+好みでリンゴを加えたジュース(もしくはニンジンジュースにレモン汁と半個分加える)を250ml作る。
②その他の野菜(できるだけ7~8種類)で250mlのジュースを作る。
③ ①と②を混ぜる。

以上のジュースの作り方が面倒な場合は、一度にニンジンジュースを500ml、野菜ジュースを500mlを作るようにし、交互に飲んでも構わない。

いずれも水は混ぜないないで、ジューサーを作って作る。
ジュースは原則として、作ったらすぐ飲み、作り置きは避けます。

これは、空気に触れるとどんどん酸化が進む為です。

なぜ、にんじんジュースは別格なのか?

ゲルソン療法の基本は多量の野菜ジュースを飲むことですが、星野式では何故、にんじんジュースが別格に扱われているのでしょうか?

その前に、野菜が癌に治療効果があるのはどういう理由からでしょうか?

野菜のガン治療効果

野菜には癌のリスクを下げる役立つファイトケミカル(抗酸化物質)、体内のナトリウムの排泄を促すカリウム、整腸や脂肪・糖質の吸収阻害に役立つ食物繊維など、多くの有効成分が含まれています。

また、大量の野菜ジュースを飲むことで、ガン細胞の「アポトーシス(細胞の自殺)」を促す効果があることも分かってきています。

ニンジンジュースの効果

さて、ゲルソン療法というとニンジンジュースと言われるのは何故でしょうか?
以下の理由が考えられます。

●人参には、がん予防に有効とされるカロテン類が多く含まれている。
●人参には、カリウム、カルシウムなとのミネラルが豊富。
※カリウムは体内でナトリウムと結びついてナトリウムを排出する働きがあることから、減塩に役立つ。
●飲みやすい
●通年手に入りやすく、価格も比較的安定している。

にんじんジュースはミキサーではダメ?

にんじんジュースは作り方はジューサーが基本です。
その理由は簡単にニンジンジュースが出来るからです。

では、ミキサーではダメなのでしょうか?

ミキサーを使ったニンジンジュースがダメな理由は?

ネットでは、高速ジューサーやミキサーは、高温を発し、熱(60℃)に弱い酵素やビタミンCが破壊される為、にんじんジュース作りにはダメといった記事が見受けられます。

そして、スロージューサーを勧めるのが定番です。

しかし、「高速ジューサーやミキサーは、熱を発し、熱に弱い酵素やビタミンCが破壊される為、にんじんジュース作りにはダメ」という記述は、星野式の星野医師の著書に全くありません。

こだわる必要はないようです。

逆に著書には、ミキサーを使ったニンジンジュースの作り方が紹介されています。

ミキサーを使ったニンジンジュースの作り方

①ニンジンを一口細部にカットする。
②ミキサーにリンゴジュースを加える
③ジュースを搾る

「ミキサーにリンゴジュースを加える」のは、ミキサーは最初から水分がないと混ざらない為です。

ニンジンジュースは水を加えないで作るので、ミキサーが回る程度のリンゴジュース(100~200ml)を加えます。

ニンジンの入手方法

がん治療には多量の野菜を用います。
野菜は国産・有機栽培(無農薬)が推奨されています。

ニンジン中1本は約150g前後です。
ニンジンの水分量は約93%。
500mlのニンジンジュース(+リンゴ1/2~1個+レモン1/2個)を作るのに500gの人参が必要です。

「星野式では1回500mlの野菜ジュースを1日3回以上」が基本なので、1日500gから1kgに人参が必要になります。

国産・無農薬の人参は通販で5kgや10㎏単位で販売されています。
10㎏サイズが5kgに比べて割安なのでオススメです。

市販のにんじんジュース

ニンジンジュースを手づリするのは手間と言う方には、無農薬の国産ニンジンジュースが市販されているので、利用すると便利です。

但し、手作りするのに比べて割高になります。

飲みきりタイプもありますので、外出時に利用すると良いかもしれません。

ここでは、通販で人気のピカイチ野菜くん(株式会社一粒万倍)の国産ニンジンジュースをご紹介します。

商品名にんじんりんごレモンジュースオリジナル冷凍ジュース繊維入りジュース
内容量1,000ml100ml 100ml
入数1本・2本・3本・4本・6本15パック・30パック15パック・30パック
価格1,580円(税込)~初回1,445円(税込)~初回1,445円(税込)~
キャンペーンまとめ買いがお得(6本で約5%OFF)

定期コース・初回半額/毎回3パック+
定期コース・初回半額/毎回3パック+

にんじんジュースとゲルマン療法

ゲルソン療法と言うと、にんじんジュースと言うイメージが先行し、「ニンジンジュースを飲むと癌が消える」と勘違いされている方もおられるようです。

ニンジンジュースはゲルソン療法の一部です。
ニンジンジュースだけ飲めば良いと言うものではありません。

但し、ガン予防と言う観点からは、普段の食事にニンジンジュースを加えることは効果があると言えます。

がんの関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ