耳が遠くなった時に利用を検討する方が多いのが補聴器ですが、集音器というものもあるのはご存知ですか?
補聴器と集音器の決定的な違いは、補聴器は厚生労働省が認定した管理医療機器であるとくこと。
但し、見かけは全く同じ。
一体、何が違うのでしょうか?
「耳が遠い」「聞こえにくい」時にはどちらを選べば良いのでしょうか?
補聴器と集音器の値段・性能などの違いを徹底比較します。

補聴器と集音器の違い

補聴器は厚生労働省が認定した管理医療機器です。
ただ、これだけでは違いは良く分かりませんね。

難聴_補聴器

補聴器と集音器の関係

補聴器と集音器の関係を、健康に関心のある方に分かりやすい例えで説明すると以下になります。

●補聴器=医薬品
●集音器=サプリメント(健康食品)

以上は、ざっくりとした例えです。
医薬品には「副作用」がつきものですが、補聴器に「副作用」はありません。

厚生労働省に認可されているかどうかを例えたものです。

では、補聴器と集音器とでは具体的には何が違うのでしょうか?

補聴器と集音器の違い:性能

親の耳が遠くなって、親との会話をストレスに感じることはありませんか?
親に何度も聞き返されて、大声を張り上げるのに疲れる・・・

親の耳が遠いと、こちらの声やテレビの音を大きくする必要があります。
そこで、「補聴器」及び「集音器」が声やテレビの音を増幅してボリュームを上げる代わりをする。

この単にボリュームを上げる役割をするのが「集音器」。

但し、単にボリュームを上げるだけでは、声やテレビの音だけでなく全ての音も大きくなってしまいます。
即ち、雑音や自分の声も大きく聴こえ、煩わしいです。

この欠点を補うのが補聴器です。
補聴器は個別に調整が出来、人の声のみを増幅する事が可能です。
性能によって程度が異なります。性能が高いほど値段が高くなります。

補聴器と集音器の違い:形状

補聴器も集音器も形状は基本的に同じです。
形状だけでは、補聴器か集音器かの見分けはつきません。

但し、形状によって値段の違いや使いやすさに違いがあります。

●イヤホンタイプ(首から提げるタイプ)
●耳穴式
●耳かけ式

装着しているのが目立たくストレスが少ないのが、「耳かけタイプ」です。
その分、3種類の中で値段も一番高いです。

補聴器と集音器の違い:値段

集音器は補聴器に比べて性能が劣る分、平均して値段も安いです。

一般的に補聴器は集音器に比べて値段が高いですが、安い物もあります。
補聴器は高いものでは50万円以上のものもありますが、安いものだと3~5万円のものもあります。
※いずれも片耳の値段です。

安い補聴器より集音器の値段の方が高い場合がありますので、安い=集音器とも限りません。

ざっくり言うならば、集音器の上限は5万円、補聴器には5万円以下のものもありますが、高い物は50万円以上します。

補聴器と集音器の違い:聴こえの効果

補聴器や集音器を使うのは、「耳の遠くなり聴きづらくなった」のを解消したいからです。

補聴器は医療機器であり、難聴の方を対象に開発されています。
集音器は、元々、難聴の方を対象に開発されたものではありません。

では、補聴器の方が集音器より性能が良いかと言うとそうとも言いきれません。

何故なら、補聴器の性能はピンキリで安いものでは3万円前後、高い物だと50万円以上するからです。

一方の集音器は高くても5万円程度です。

実際のところは使ってみなければ分かりません。
但し、予め、その補聴器がどういった難聴者を対象にしているか、明記されている場合があります。

●軽度難聴者
●中等難聴者
●高等難聴者

自分がどの程度の難聴なのか、把握しておく必要があります。
また、生活の中でどの場面で何が聞こえにくくて困っているのかによっても、補聴器と集音器のどちらを選ぶかも違ってきます。

以下は一例です。

●補聴器:人の話が聴き取りにくい
●集音器:人と話す事は少ないが、テレビの音が聴き取りにくい

次に通販で人気の補聴器と集音器を4商品ご紹介します。

補聴器・集音器おすすめ4選

補聴器2点、集音器2点の合計4点です。

美聴だんらん[アナログ式補聴器]≪中等難聴者向け≫

美聴だんらん336

「美聴だんらん」は、シリーズご愛用10万台突破、お客様満億度88.5%*の人気補聴器です。
*シナノケンシ調べ(2018年3月~2019年2月)

「美聴だんらん」には「使って試せる返品保証8日間」が付いています。
8日間無料で性能のお試しが出来、気に入れば購入、気に入らなければ返品(送料負担)可能ですので安心です。
※公式サイトの特典です。

価格(値段)29,800 円 (非課税)
タイプイヤホン型アナログ式補聴器
電源単4アルカリ乾電池×1
連続使用時間約80時間
公式サイト8日間無料お試しOK!補聴器「美聴だんらん」

【関連記事】
美聴だんらん[補聴器/シナノケンシ]の口コミ評判・値段を徹底調査

パイオニア・イヤーパートナー[耳穴型デジタル補聴器]≪軽度難聴者向け≫

「パイオニア・イヤーパートナー」はオーディオ機器で名高いあのパイオニアが作ったデジタル補聴器です。
「ちょっと聴こえにくくなったかな」という軽度難聴者におすすめです。
パイオニア・イヤーパートナー

価格(値段)34,800円(非課税)
タイプ耳穴型デジタル補聴器
電源空気電池PR-41
連続使用時間約155時間
公式サイト新聞広告キャンペーン

【関連記事】
パイオニア・イヤーパートナー[耳穴式補聴器]口コミ評判・値段を徹底調査

みみ太郎(耳太郎)[耳掛けタイプ集音器]

耳かけタイプ:みみ太郎SX-013

「みみ太郎(耳太郎)」はシマダ製作所の高性能集音器です。
「みみ太郎(耳太郎)」には、10日間無料レンタル期間が付いています。
10日間試してみて、気に入れば購入、気に入らなければ返品できます。
※公式サイトの特典です。

価格(値段)45,000円(税別)
タイプ耳掛け型集音器
電源空気電池(PR48)
連続使用時間240時間(計算値)
公式サイト10日間無料レンタル「みみ太郎」公式サイト

【関連記事】
みみ太郎[イヤホン型集音器]の口コミ評判・値段を徹底調査

楽ちんヒアリング[耳かけ式充電集音器]

楽ちんヒアリング

世界中で100万台突破!
充電式小型集音器で「聞こえる」ストレスのない毎日を!

価格(値段)13,400円
タイプ耳掛け型充電式小型集音器
電源充電式
連続使用時間最大14時間
公式サイトキャンペーン実施中!楽ちんヒアリング

【関連記事】
楽ちんヒアリング[集音器 ]お試し最大37%(8,980円)割引

医師が勧めるのは、補聴器と集音器のどっち?

結局、補聴器と集音器。
耳が遠い時にオススメなのはどちらでしょうか?

補聴器は何科?

耳の聞こえが悪くなった時に受診するのは耳鼻咽喉科です。
「耳が遠い」と通常は「難聴」と診断されます。

そして、「補聴器」を勧められます。
医師が勧めるのは「補聴器」。

但し、難聴には程度の差があり、補聴器も性能に違いがあり、値段もピンキリです。
※最低、片耳で10万円以上します。

補聴器は聞えが悪い耳につける?

補聴器と言うと、耳の遠い方に付けるというイメージですが、実際は、難聴の程度が軽い方の耳に付けます。

これは親の診察について行って知りましたが、驚きました。

補聴器はどこで買う?

耳鼻科に出入りしている業者から補聴器の説明を受け、補聴器を借り、購入に至りました。
※補聴器の専門店です。

その後、3か月に一回程度、自宅まで調整に来てくれます。
※聞こえは変化するからです。

値段が高い分、微調整のアフターフォローもついているということのようです。

即ち、補聴器はその人の現状に合わせて微調整がききますが、集音器は微調整がききません。

ここが決定的な違いと言えるかもしれません。

補聴器はメガネショップでも販売

補聴器は、最近では補聴器の専門店だけでなく、メガネショップでも販売されています。
但し、店員は補聴器の専門家とは限らないので、経験や知識に個人差があります。

「聞えが悪い耳に補聴器をする」という店員もいるので、注意が必要です。

通販で補聴器・集音器を購入する時の注意点

しかし、「10万円以上もする補聴器を購入する余裕はない」、「先のことより、今、聞こえが良くなりたい」と言う方もあると思います。

その場合、新聞広告等で5万円以下の補聴器や集音器が目に付き、興味を持たれるかと思います。

集音器には元々微調整はありません。
又、通販で販売されている安価な補聴器も微調整がないのが普通です。

但し、基本的に集音器は軽度難聴まで対応が多いので、それ以上の場合は補聴器を選ぶのが無難です。

実際の聞え具合は個人差がありますので、返品保証や無料レンタル期間がある補聴器又は集音器を選ぶのがオススメです。

返品保証や無料レンタル期間がある補聴器・集音器

「無料レンタル」も「返品保証」は実質的な内容は同じです。
○日無料でお試し(=○日無料レンタル)できて、気に入れば購入、気に入らなければ返品可能(=返品保証)です。
実際に使ってみて購入するかどうかを決められるので安心です。
※尚、返品の場合の送料はかかります。

10日間無料レンタル可の集音器

みみ太郎(耳太郎)

8日間無料お試しOKの補聴器

美聴だんらん

補聴器・集音器比較一覧表

商品名美聴だんらん[補聴器]パイオニア・イヤーパートナー[補聴器]みみ太郎(耳太郎)[集音器]楽ちんヒアリング[集音器]
価格(値段)29,800 円 (非課税)34,800円(非課税)45,000円(税別)13,400円(税別)
タイプイヤホン型アナログ式補聴器耳穴型デジタル補聴器耳掛け型集音器耳掛け型充電式小型集音器
電源単4アルカリ乾電池×1空気電池PR-41空気電池(PR48)充電式
連続使用時間約80時間約155時間240時間(計算値)最大14時間
公式サイト8日間無料お試しOK!補聴器「美聴だんらん」新聞広告キャンペーン10日間無料レンタル「みみ太郎」公式サイト キャンペーン実施中!楽ちんヒアリング