ホットヨガウェア[初心者向き]安いホットヨガ用ウェアの選び方

ホットヨガを始めた(始める)方の関心事はウェアではないでしょうか?
ヨガウェアはファッションブランドからスポーツブランドに至るまで販売されていますが、ホットヨガ用と通常ヨガ用とではウェアに違いがあるのでしょうか?
また、ブランド品は高いのが特徴。
とりあえず、最初は安いウェアでいいと言う方も多いかと思いますが、どのようにホットヨガ用のウェアを選べば良いのでしょうか?
ユニクロのウェアでも良い?
安いホットヨガ用ウェアの選び方をご紹介します。

sponsorlink

ヨガウェアとは?

ヨガウェア選ぶ上で考えるべき点は何でしょうか?

通常ヨガとホットヨガでウェアは違うのか?

ヨガには通常ヨガとホットヨガがあります。
※当サイトでは、温度や室温管理をしていない通常の環境で行うヨガを「通常ヨガ」、温度や室温管理(室温35~39度前後、湿度60%前後)された室内で行うヨガを「ホットヨガ」と定義しています。
▶「ホットヨガ」について詳しくは⇒ホットヨガの効果とデメリット~「痩せない」とならない効果的なやり方

まず、ヨガウェアは今やファッションブランドからスポーツブランドに至るまで販売されていますが、通常ヨガに使うウェアはホットヨガにも使えるのかということです。

ヨガウェアとは?

そもそも、ヨガウェアとは何でしょうか?
他のウェアと何が違うのでしょうか?

ヨガスクール(教室)に入会すると、インストラクターから言われることが、「動きやすい服装で来てくださいね。」ということ。

「動きやすい服装」というのは、「ストレッチ素材で伸縮性に富んだ服装」のことです。

但し、これは最低条件であって、これだけでは十分ではありません。

ヨガウェアはヨガに最適化したウェアのことです。
では、ヨガに適したウェアとは何でしょうか?

ヨガに適したウェアの選び方

ヨガに適したウェアを選ぶ時のチェックポイントをご紹介します。

●ストレッチ性の高い服装
●脇が窮屈でない
●吸汗・速乾素材
●お腹やお尻をカバー
●袖が邪魔にならない
●締め付け過ぎない

ストレッチ性の高い服装

ヨガでは様々なポーズを取ります。
ストレッチ性の高い服装は最低条件です。

脇が窮屈でない

ヨガは手を上げるポーズが意外と多いので、手を挙げた時に窮屈すぎデザインだと、ストレスに繋がります。

吸汗・速乾素材

ヨガを行うと血行が良くなり汗をかきます。
特にホットヨガでは、半端ない汗をかきます。
吸汗・速乾素材は必須です。

お腹やお尻をカバー

ポーズによっては、トップがめくれてお腹が見えたり、下着が見えたりすることがあります。
お腹やお尻をカバーできる丈のトップスが選びましょう。

袖が邪魔にならない

足を上げるポーズや足を組むポーズも多いヨガ。
袖がひらひらしたものだと、めくれて邪魔です。

締め付け過ぎない

ヨガでは血行が良くなり、結果的に、肩こり、むくみ、冷え等の改善効果がえられます。

体にフィットしつつ、体を締め付けないウェアを選びましょう。

ホットヨガと常温ヨガのウェアの違い

ホットヨガと常温ヨガの違いは「ホットヨガは半端ない汗をかく」という点です。

結果、以下の問題が発生します。

●素材によっては汗で服が重たくなる。
●下着が透けて見える。

素材によっては汗で服を重たくなる。

通常のヨガウェアは、肌触りが柔らかく、レーヨンや綿が使われているものが多いです。

これは汗をしっかり吸うというメリットがありますが、ホットヨガのように汗だくになると、持ち帰る時にズッシリと重くなっていますし、乾きにくいというデメリットも。

一方、ホットヨガ用ウェアは、ポリエステル・ナイロン・ポリウレタン等で作られており、汗を吸いにくいのが特徴です。

下着が透けて見える。

スポーツ用のブラやユニクロのブラトップ、カップが内蔵されたキャミ、カップの入ったTシャツがおすすめです。

ホットヨガ教室(スクール)で多いウェア

ホットヨガ教室(スクール)で多く見かけるウェアは以下のパターンです。

●半袖のTシャツ+ハーフパンツ(短パン)
●半袖のTシャツ+短パン+スパッツ
●タンクトップ+短パン
●タンクトップ+スパッツ

半袖のTシャツ+ハーフパンツのデメリット

Tシャツの丈が短いとポーズを取る時にお腹が見え、ハーフパンツでは下着が見えたり半ケツになる可能性があります。

Tシャツは速乾性のある丈の長い物がオススメです。

トップスの選び方

ホットヨガでは、大量の汗をかきます。
その事で、服が濡れ、下着等が透けて見えます。

また、ワイヤー入りのブラは動きにくいです。

そこで、おすすめのトップスは、スポーツ用のブラ、ブラトップ、カップが内蔵されたキャソール、カップの入ったTシャツです。

Tシャツ+スポーツ用のブラやキャミソール+スポーツ用ブラもありです。

ボトムスの選び方

ホットヨガはとにかく熱いです。
ボトムスは長いより短い方が良いです。
ショートパンツが理想的ですが、ポーズを取る時、下着が見えたり、半ケツにならなければOKです。

レディース用ホットヨガウェアはどこで購入できる?

ユニクロ

女性用のヨガウェアはユニクロでも販売されています。

通販サイト

ニッセンやセシールや楽天、Amazon等の通販サイトでもヨガウェアが販売されています。

スポーツブランド

おすすめは、スポーツメーカーのヨガウェアです。
機能性に優れています。
消臭タイプもあります。

NIKE(ナイキ)やアディダスがオススメです。

ファッションブランド

ファッションブランドのヨガウェアの特徴は、「おしゃれ」「かわいい」デザインが豊富な点です。

「イージーヨガ」「スリア」「ソイブー」等のヨガウェアは素敵ですが、少々お値段が高いです。

メンズ用ホットヨガウェアのおすすめは?

特に男性用のヨガウェアは少ないですが、探せばあります。
気に入ったヨガウェアが無ければ、ジョギングやジム用のウェアを選べば、問題ないです。

「半袖Tシャツ+ランニング用レギンス+短パン」がおすすめです。

の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ