アルコールに強いか調べる方法~遺伝子検査キット[口コミ比較]おすすめは?

世の中にはアルコールが強い人、弱い人、全く飲めない人がいます。
アルコールが強い人と弱い人の違いは何でしょうか?
感覚的ではなく、アルコールに強いか調べる方法はあるのでしょうか?
アルコールに強いかどうかには2つの遺伝子が関わっています。
アルコールに強いか調べる方法には、エタノールパッチテストと遺伝子検査の2種類がありますが、遺伝子検査の方が正確です。
アルコールに強いかが分かる遺伝子検査キットの口コミ等を比較し、おすすめのキットをご紹介します。

sponsorlink

アルコールの強い人と弱い人の違い

世の中にはアルコールが強い人、弱い人、全く飲めない人がいます。

では、アルコールに強い、弱いとはどういうことを言うのでしょうか?

頭痛・吐き気の原因は?

アルコール(エタノール)は最終的には二酸化炭素と水に分解されて体外に排出されます。

この分解過程で生成されるアセトアルデヒドが頭痛・吐き気の原因です。
実は、アセトアルデヒドは分解されると無害な酢酸に変わります。
酢酸は血液によって全身を巡り、筋肉や脂肪組織などで二酸化炭素と水に分解されて体外に排出されます。

アセトアルデヒド酢酸に変える酵素がアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)です。
ALDH2の働きが弱いと、アセトアルデヒドの分解が進まないので、頭痛・吐き気の原因になり、アルコールの飲酒量によっては二日酔いの原因にもなります。

二日酔い

日本人は約40%の人がこのALDH2の活性が弱い「低活性型」のため、アルコールに弱い体質といわれています。

さらに約4%の人は「不活性型」と呼ばれ、ALDH2の働きが全くなく、アルコールを飲めない体質です。

次にアルコールを飲むとすぐ酔う人とそうでない人の違いは何でしょうか?

アルコールを飲むとすぐ酔う人とそうでない人の違い

アルコールを飲むと「酔い」を感じるのはアルコールに含まれるエタノールの為です。
エタノールはアセトアルデヒドに分解されますが、この時、関与しているのがアルコール脱水素酵素(ADH1B)です。

アルコール脱水素酵素(ADH1B)の働きが強いと酔いやすい、働きが弱いと酔いにくいということになります。

即ち、アルコールに対する感受性(酔っぱらいやすさ、アルコールの残りやすさ)はALDHとADH1Bで決定されます。

アルコールに対する感受性はALDH2とADH1Bで決まることが分かりました。
では、このALDH2とADH1Bは何によって決まるのでしょうか?

アルコールに強いか弱いかを決めるものは?

アルコールに強いか弱いかを決めるALDH2とADH1Bは遺伝によって決まり、生涯変わることはありません。

遺伝の他にアルコールの強さに影響を与えるのは次の要因です。

●体重:体重が重い方が酔いにくい。
●性別:女性は男性に比べてアルコールの影響を受けやすい。女性は男性より少量の飲酒でも、アルコール依存症や肝臓障害を起こす例が多く見られます。
●年齢:年を重ねるとアルコールに弱くなります。

アルコールに強いか調べる方法:エタノールパッチテスト

お酒に強いか弱いかが簡単にわかるパッチテストです。

エタノールパッチテストのやり方

①パッチテープ(薬剤のついていないガーゼ付きのバンソウコウ)に、市販の消毒用アルコール(70%)を2~3滴しみ込ませる。
※消毒用アルコール=エタノールは薬局等で販売されています。但し、一般的には80%濃度なので、70%にするには精製水を加えて薄める必要があります。

②上腕の内側に貼る。

③7分後にテープをはがし、はがした直後(5秒以内)に、ガーゼがあたっていた部分の肌の色を確認する。

④さらに10分後にもう一度肌の色を確認。

エタノールパッチテストの結果判定

上記のエタノールパッチテストのやり方をまとめると以下の3ステップになります。

①アルコールを染み込ませたパッチテープを上腕の内側に貼る。
②7分後にテープを剥がし、肌の色を確認。・・・(a)
③さらに10分後にもう一度肌の色を確認。・・・・(b)

●肌が剥がした直後に赤くなっている⇒ALDH2不活性型=アルコールが飲めない体質
●剥がした直後は赤くなっていなかったが、10分後に肌が赤くなった⇒ALDH2低活性型=アルコールが弱い
●肌の色に変化がない⇒ALDH2活性型=アルコールに強い

エタノールパッチテストのデメリット

エタノールパッチテストのデメリットは次の2点です。

●毎日お酒を飲む人は、正しい結果が出ない場合がある。
●ALDH2活性はチェックできるが、ADH1Bはチェックできない。

この2つの問題を解決してくれるのが、遺伝子検査によって調べる方法です。

アルコールに強いか調べる方法:遺伝子検査

遺伝子検査とは、遺伝子を調べ、遺伝的に親から引き継いだ体質や気質等を調べる検査です。

遺伝情報は生涯変わらないので、遺伝子検査は1回で充分です。

遺伝子のタイプが分かると、飲酒継続による病気のリスクが分かり、自分に合った対策を摂ることが可能です。

遺伝子検査は自宅で遺伝子検査キットを使えば簡単にできます。

遺伝子検査キットとは?

遺伝子検査キットは通販等で購入することが出来ます。
内容は以下のものです。

●使用説明書
●遺伝子検査同意書
●遺伝子検査申込書
●綿棒
●その他

検査する項目によって遺伝子検査キットには種類があります。
また、対象者に年齢制限があることもあります。

遺伝子検査キットの使い方

遺伝子検査キットの使い方は簡単です。

①通販等で遺伝子検査キットを注文。
②遺伝子検査キットに同梱されている綿棒で唾液を採取。
③唾液を採取した綿棒等を検査機関に送る。
④検査結果はWEBまたは報告書で確認。

では、アルコールの強いかどうかが分かる遺伝子検査キットを見ていきましょう。
アルコール感受性のみを解析する遺伝子検査キットは少ないです。
ガン等を発症する病気のリスクが分かる検査項目とセットになっていることが多いです。
ガン等の病気リスクが分かる遺伝子検査キット[口コミ比較]おすすめは?

GENOTYPISTアルコール感受性遺伝子検査キット

2種類のアルコール感受性遺伝子を分析。

●ADH1B遺伝子:「アルコールが飲める体質か、飲めない体質か」を判定。

●ALDH2遺伝子:「アルコールが強いか弱いか、飲めないか、そして飲酒により健康への影響が高いか」を判定。

あなたの「適正飲酒」をご提案します。

GENOTYPISTアルコール感受性遺伝子検査キットの特徴

料金5,700円(税込)*1
特徴2種類の遺伝子をチェック&具体的なアドバイス。
遺伝子分析●2種類のアルコール感受性遺伝子(ALDH2・ADH1B)を分析。
●分析結果は9タイプ。
検査結果●約15営業日で結果レポートが届きます
会社●株式会社ハーセリーズ・インターナショナル

*1 参考価格

GENOTYPISTアルコール感受性遺伝子検査キットの口コミ評判

Amazonカスタマーレビューの口コミ評判では5つ星のうち3.5(16件)、楽天は評価非表示(2件)です。

「内容は何の遺伝子が何型であなたはどのタイプかこれからどういうことに気をつければ良いかなど具体的なことまで全て分かりました!
しかもそのことを記載した証明カードのようなものまでついてきてとても嬉しいです。」

「遺伝的に無理だと分かったので酒との距離感が掴めるようになりました。」

「お酒はあまり飲めないので下戸タイプかなと思っていましたが、結果は2番目に多いR3型でした。飲酒による健康リスクが高いそうなので、飲みすぎないように注意したいです。」

アルコール感受性遺伝子検査キット

ジーンライフジェネシス2.0

ジーンライフは遺伝子検査キットの国内シェア70%!
楽天総合ランキング1位獲得!
解析累計70万人!
「ジーンライフ ジェネシス2.0」は世界最多360項目を解析できる遺伝子検査キットです。

遺伝子検査の特徴

料金29,800円(税別)*1
特徴肥満タイプや疾患のリスクなど約360項目を解析。
検査項目●疾患リスク:がんは33項目、循環器系の疾患・体質(アルコール代謝/アルコール代謝2/アルコール依存症/飲酒量/他)は32項目
●ダイエット方法
●お肌の手入れ方法
●祖先ルーツ
検査結果約1ヶ月でWebで確認
会社名●ジェネシスヘルスケア株式会社

*1 参考価格

ジーンライフジェネシス2.0の口コミ評判

Amazonカスタマーレビューの口コミ評判では5つ星のうち3.8(28件)、楽天は3.67(85件)です。

「遺伝子検査の結果を見た主人も、最初の頃は『遺伝子的にお酒が強い』からと言って毎日それなりの量を飲んでいましたが、最近はかなり少な目です。意識が変わったみたいです。」

「個人的にはアルコールが全くダメな体質だったことやY染色体ハプロ(今後サブグループもわかるとうれしい)とミトコンドリアハプロがわかったので満足しています。」

ジーンライフジェネシス2.0

MYCODEヘルスケア

MYCODEは株式会社DeNaライフサイエンスが販売する遺伝子検査キット販売会社です。

プロ野球の横浜DeNaベスターズの親会社のDeNaの関連会社です。

病気(3大疾病のがん・心筋梗塞・脳梗塞 等)と体質(長生き・肥満・肌質 等)の遺伝的傾向を知ることができるフルパッケージです。

MYCODEヘルスケアの特徴

料金29,800円(税別)*1
特徴病気と体質に関する全検査(280項目)が入ったフルパッケージ。
検査項目●がん:胃がん、乳がん、前立腺がん、慢性骨髄性白血病等38項目
●生活習慣病:心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病・高血圧等19項目
●その他の病気:花粉症、骨粗しょう症等93項目
●体質:飲酒傾向、肌のくすみ等130項目
検査結果結果は通常約1ヶ月で、Web上でご覧いただけます。
会社名●株式会社DeNAライフサイエンス
●CPIGI認定

*1 参考価格

MYCODEヘルスケアの口コミ評判

Amazonカスタマーレビューの口コミ評判では5つ星のうち3.4(22件)、楽天は4.6(5件)です。

「自分の体質についてわかるという点ではこれまでにない分野のサービスなので、例えばアルコールに対する体質の項目が自分の予想と合っていると『やっぱり!』と思えますし、また合っていなくても以外な発見で結果をそれなりに楽しめました。」

「実際に自覚している体質、耳垢、アルコールの強さなど合っていない項目が多かった。」

MYCODEヘルスケア

 

アルコールに強いかが分かる遺伝子検査比較表

 

値段評価項目会社名
アルコール感受性遺伝子検査キット5,700円(税込)*1Amazon3.5(16件)/楽天評価非表示(2件)2種類のアルコール感受性遺伝子(ALDH2・ADH1B)を分析。
●分析結果は9タイプ。
株式会社ハーセリーズ・インターナショナル
ジーンライフジェネシス2.029,800円(税別)*1*2Amazon3.8(28件)/楽天3.67(85件)●疾患リスク:がんは33項目、循環器系の疾患・体質(アルコール代謝/アルコール代謝2/アルコール依存症/飲酒量/他)は32項目
●ダイエット方法
●お肌の手入れ方法
●祖先ルーツ
ジェネシスヘルスケア株式会社
MYCODEヘルスケア 29,800円(税別)*1Amazon3.4(22件)/楽天は4.6(5件)280項目(ガン38項目を含む疾病・肌・飲酒株式会社DeNAライフサイエンス

*1 参考価格
*2 公式サイトでは40%引きのクーポンが使える時があります。[期間限定]

アルコールに強いかが分かる遺伝子検査キットのおすすめは?

アルコールに強いかだけを知りたい時におすすめの遺伝子検査キット

アルコール体質の分析専門の遺伝子検査キットはアルコール感受性遺伝子検査キットのみです。

値段もお手頃です。

アルコールに強いかだけでなく他の体質等も知りたい時におすすめの遺伝子検査キット

せっかくの機会なのでアルコール体質だけでなく、ガン等の疾病リスク等も知りたいというのなら、ジーンライフジェネシス2.0がオススメです。

ジーンライフは遺伝子検査キットの国内シェア70%!

ジーンライフジェネシス2.0は世界最多360項目を解析できる遺伝子検査キットです。

遺伝子検査の関連記事

sponsorlink

検査の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ