「和歌山県北山村産のじゃばら」で花粉対策

「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」でも、【じゃばらが花粉症を軽減してくれる果物】として紹介されていました。
「和歌山県北山村産のじゃばら」で花粉対策とは?

スポンサーリンク

「じゃばら」とは?

「じゃばら」とは、和歌山県北山村を原産として「幻の果実」と呼ばれる柑橘類です。

「邪気を払う」の意味から「じゃばら」と呼ばれるようになり、北山村では昔から正月に縁起物として食されてきました。

何故、この「じゃばら」が今、注目されているのか?

それは「じゃばら」に含まれる「ナルリチン」の量。

「ナルリチン」とはフラボイノドの一種で、「スーパーフラボノイド」と呼ばれています。

花粉症・アトピー性皮膚炎・気管支喘息などのアレルギーに対する抑制効果が期待できると言われています。

「じゃばら」には他の柑橘類と比べてこの「ナルリチン」の含有量が圧倒的に多いため、注目されています。
※「じゃばら」は何と、みかん21.5分の「ナルリチン」を含有。

これが、「じゃばら」が注目される理由です。

「じゃばら」の花粉症軽減効果の根拠

「じゃばら」が花粉症軽減効果の根拠は、以下の研究です。

岐阜大学医学部教授率いる研究チームが、じゃばら果汁が花粉症の人のQOLをどれだけ向上させるのかという研究結果を発表。
※「スギ花粉症の症状とQOLに対する「じゃばら」果汁の効果」より。
http://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I9661564-00?ar=4e1f

「じゃばら」果汁にスギ花粉症軽減効果があることが、研究で明らかになったことは花粉症で悩む方にとって意味が大きいです。

花粉症で悩んでいるが、「薬は使いたくない」、「今まで色々と花粉症に良いというものは試してみたが、実感がない」と言った方は試してみる価値があるのではないでしょうか?

「じゃばら」製品

「じゃばら」製品を調べてみた所、和歌山県北山産「じゃばら」を使った、ジュースとサプリが見つかりました。

HPを見ると、「じゃばら」の「果皮」を使用とか。
「果皮」には「果汁」の13倍の「ナルリチン」が含まれているそうです。

柑橘類というと、「酸っぱい」というイメージですが、「すっぱくない」といいます。

「じゃばらジュース」は粉末タイプで、1日約4g目安。
4gに「ナルリチン」32㎎配合。
詳しくは⇒北山村産すっぱくないじゃばらジュース

サプリも同じく、「じゃばら」の「果皮」を使用。
3粒あたり「ナルリチン」が32㎎配合。
※1日目安は3粒~6粒
詳しくは⇒北山村産のじゃばらサプリ。

スポンサーリンク

花粉の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ