「こむら返り」の予防と対策とは?

「こむら返り」の大半は「睡眠中」の「明け方3時~6時」に起こっています。
何故、この時間帯に「こむら返り」が起こり易いのか?
それは、「気温の低下」と「体温の低下」が重なり、足先(ふくらはぎ)に冷えと血流が悪くなっていることが原因です。
この「明け方型こむら返り」予防するには次の2点が重要です。
①ふくらはぎを温める
②穏やかな血行を保つ
では、具体的な「こむら返り」予防と対策とは?

スポンサーリンク

ふくらはぎ専用ウォーマーで「こむら返り」の予防

「明け方型こむら返り」は冷えと血流不良からふくらはぎの筋肉がつっぱっている状態です。

そこで、簡単にできる「こむら返り」の予防と対策は、ふくらはぎ専用ウォーマーの着用です。

ただ、商品によっては締め付けが強すぎ、逆に血行不良を招いてしまう事もあります。
商品選びには注意しましょう。

その点、シリーズ累計販売数30万足突破の「ミーテ・ライトロング」はお勧めです。
ふくらはぎ専用ウォーマー「ミーテ・ライトロング」

サプリで「こむら返り」対策

「冷え」「むくみ」は、全員がなるわけではありません。
「冷え」「むくみ」でお悩みの方は、原因となる生活習慣を改め体質改善することが必要です。

しかし、体質改善には時間がかかるもの。
さらに、中々、根気が続かないものです。

そこで、簡単に出来るのが「ふくらはぎ専用ウォーマー」です。
しかし、これは所謂、外からの対策です。

体の内からの対策も必要です。
それは、身体を温め、血の巡りを良くしてくれる食品を摂る事。
ただ、食品となると、それを用意したり、調理する時間がない、手間、という問題もあります。

そういった方にオススメのがサプリメントです。
特に「こむら返り」対策用のサプリも販売されています。
一度、お試しになってみてはいかがでしょうか?
ピキーン対策「こむらくだ」

漢方薬で「就寝中などの、足のつり、こむら返り」対策

突然起きた「こむら返り」。
筋肉の急なけいれんや痛み、こわばりを鎮める漢方薬があります。
それが、芍薬甘草湯です。

「こむら返り」が頻繁に起きる方は、「ふくらはぎ専用ウォーマー」や「こむら返り」対策サプリを活用しつつ、就寝中、足のつりがおこったら、すぐに服用できるよう「芍薬甘草湯」を準備されてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ