花粉症に効く薬2

花粉症の場合、いったん発症すると自然に治ることはほとんどなく、薬で完治させるということもできません。
花粉症のシーズンが来るたびに、薬で症状を抑える対症療法が治療の中心となります。
花粉症に効く薬にはどのようなものがあるのでしょうか?
花粉症に効く薬」の続きです。

スポンサーリンク

花粉症の薬:ステロイド薬

ステロイド薬は「副腎皮質ホルモン」とも呼ばれています。
副腎皮質ホルモンはもともと人間の体内にあり、炎症やアレルギー反応を抑える働きがあります。

この成分を人工的に合成して作ったのがステロイド薬です。
花粉症の強い症状を抑えるのに高い効果を発揮します。

ステロイド薬には、点鼻薬、内服薬、注射薬があります。
点鼻薬は、くしゃみ、鼻水、鼻詰まりのいずれにもよく効き、副作用はほとんどありません。

ステロイドの内服薬や注射薬は、効果が非常に高く、点鼻薬では改善しなかった症状でもすぐによくなります。

しかし、長時間使用すると下記の副作用が出る恐れがあります。
・骨がもろくなる
・胃潰瘍になりやすくなる
・感染症が起こりやすくなる
・糖尿病になりやすくなる

花粉症の薬:抗アレルギー点眼薬

眼科で処方される点眼薬も、鼻の薬と同様、ケミカルメディエーター遊離抑制薬や抗ヒスタミン剤などの高アレルギー剤が中心となります。
花粉症に効く薬

抗アレルギー点眼薬のデメリットは次の点です。
・ドライアイなどほかの病気を合併している人は、防腐剤が入っている点眼薬を使うと、接触性皮膚炎を起こすことがある。
・ステロイド点鼻薬は即効性がある反面、感染症を悪化させたり、眼圧を高めるなどの副作用がある。
眼圧が高くなると、緑内障などのリスクが。

花粉症の薬:ステロイド点鼻薬

鼻詰まりをいちばん効果があってよく使われるのが「ステロイド点鼻薬」です。

内服液や注射薬を長い間使ったり、不適切な塗り薬の使い方をしたりすると、いろんな副作用が出来てきます。
しかし、点鼻薬は、使用方法を間違えなければ、とても安全に使える薬です。

適切に使えば妊婦や授乳中の方にも使うことができ、小児用の物もあります。
また、効果も十分に認められている薬です。
鼻粘膜のむくみを取って、鼻の通りをやくする働きがあります。
特に鼻づまりで困っている方には効果的です。

花粉症の薬:血管収縮薬の点鼻薬

とても即効性があって、鼻にスプレーすると、すぐに鼻の通りが良くなります。
しかし、デメリットがあります。

即効性があるからといって、毎日毎晩連続して使っているとだんだんリバウンドで粘膜が腫れてきます。
そして、余計に鼻詰まりがひどくなってしまいます。(薬剤性鼻炎)
血管収縮薬の点鼻薬は、ひどい時に時々使うのは効果的ですが、連用は控える必要があります。

花粉症の薬:花粉症が一発で治る薬

この治療は、デポ型といって、体の中に長くとどまるような形にしたステロイド(副腎皮質ホルモン)を筋肉注射するものです。

デメリットは、何回もこの注射を受けていると、注射したところの筋肉が硬くなったり、萎縮してしまったりすることです。

また、全身にステロイドが作用して、月経不順などの副作用が出てしまいます。

耳鼻咽喉科の専門医は、そのような治療はまずやりません。

スポンサーリンク

花粉の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ