頭髪ケア「これをやってはいけない」

薄毛・育毛・脱毛・白髪等の頭髪ケアでやっていはいけないことが「やってはいけない頭髪ケア」という本で紹介されていました。
何を「やってはいけない」のか?

スポンサーリンク

指の腹を使ってシャンプーしてはいけない

「シャンプーするときは、爪を立てて洗ってはいけない」。
これは事実です。
爪の先で洗うと頭皮を傷つけてしまいます。

だからと言って、爪で傷つけないように指の腹で洗うのもNGです。
何故なら、指の腹でこすることで「新生毛」も一緒に引き抜いてしまうからです。

正しい洗い方は指の腹ではなく、指頭をしっかりと頭皮にあてること。
頭皮をこすって洗うのではなく、指をあてたまま頭皮ごと動かすように洗う事が大切です。

シャンプー時に抜け毛を恐れてはいけない

シャンプーをする際、頭皮をゴシゴシこすって洗っていませんか?
また、シャンプーのやり過ぎや、反対にシャンプー不足も抜け毛を増やすことになります。

逆に抜け毛が嫌で恐る恐る洗っている方もおられると思います。
しかし、こちらもお勧めできません。

恐る恐る洗うと毛穴などの汚れが落ちきらず、血行も良くならず、結果として抜け毛などの誘因になってしまいます。

1日に何度も髪を洗ってはいけない

シャンプー剤の種類や選び方や洗い方によっては、洗い過ぎでかえって髪を傷めたり、新生毛を引き抜いている可能性があります。

間違ったシャンプー方法で、かつ洗う回数が増えれば、それだけ新生毛を引き抜いている可能も高まります。

抜け毛の本数だけを気にしてはいけない

男女の平均は5年ですので、通常は1日約55本は抜けていることになります。

1日に200本も300本も抜けるようであったり、細くて短い毛が多く抜けているような状態は、何らかの体調以上があったと考えるべきです。

毛量が多いから…と、安心してはいけない

近い将来、薄毛になるかどうかは、頭皮の状態を見れば分かります。
頭皮が薄く、硬い部分があれば要注意。血液の流れが悪くなっていて、毛髪の成長を妨げています。

生え際の後退=薄毛と早合点してはいけない

薄くなってきた部分の毛がもともとの額の毛なのか、髪の毛が細くなって産毛化しているのかがポイントです。

額がハゲ上がって広くなっている部分のウブ毛が1本ずつになっている場合は、ハゲて後退しているのではなく額が生まれつき広い人です。

薬用シャンプーは薄毛が進行してから使ってはいけない

薬用シャンプーに切り替えるのは、抜け毛の数が正常の範囲を超えたりフケが多くなったと感じたり、「現状維持したい」という気持ちになったときを目安にします。

薬用シャンプーは予防的に早めに使用することがオススメです。
※参考文献:「やってはいけない頭髪ケア (青春新書インテリジェンス)」/板羽 忠徳 (著)

スポンサーリンク

育毛の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ