脂性肌の原因と改善方法

「顔がベタベタする」「顔が脂ぎっている」…脂性肌は不快ですよね。
脂性肌の原因は何でしょうか?
改善方法は?
脂性肌の原因と改善方法ついて調べてみました。

スポンサーリンク

脂性肌とは何か

脂性肌というのは、別名オイリー肌とも呼ばれており、「皮脂の分泌が過剰になっている肌のこと」を差します。

名前の通りにしっかりと洗っているのに、肌がべとつく状態になっていることが多く、肌トラブルの原因になることもあるのです。脂性肌以外にも、
・乾燥肌
・普通肌
・敏感肌
・混合肌
と呼ばれている種類もあるのですが、それぞれ特徴があります。脂性肌なのでしっかりと洗えばよいと考えている人もいるのですが、洗い過ぎが原因で脂性肌になる場合もあるのです。※1

脂性肌になる原因とは?

脂性肌になるのには、もちろん原因が存在しています。
主な原因として考えられるのは、
・睡眠不足
・ストレス
・食生活の乱れ
だと言えるでしょう。

このような生活習慣の乱れによってホルモンバランスも乱れてしまうことで、皮脂が過剰に分泌されてしまうのです。

逆に皮脂を取り除き過ぎてしまうと、乾燥してしまう原因にもなってしまい、別名オイリードライという状態になってしまいます。

年齢の影響もあり、30代の後半ぐらいから40代ぐらいまでの期間に、脂性肌になってしまうことが多いのです。

年齢を重ねていくことで、毛穴が開きやすくなっていることも原因の1つだと言えるでしょう。※1

脂性肌を治す(改善方法)には?[男性・女性]

脂性肌を改善するためには、まず脂性肌になっている原因を取り除くことが重要です。

先ほども紹介しましたが、睡眠不足であれば良質な睡眠をしっかりと取れるような対策が必要になります。

食生活の乱れが原因であれば、脂性肌にならないようなメニューに変更しましょう。

洗顔が原因だと思われるのであれば、正しい洗顔方法を身に付けると共に、自分にふさわしい洗顔料を探す必要もあります。

ストレスは改善するのが難しいですが、うまく解消できる方法を見つけておきましょう。※2

●食生活の乱れを改善する
食生活の基本は、バランスよくたくさんの栄養分を必要な量だけ摂取するという方法です。

皮脂の過剰摂取を防ぐための基本も同じなのですが、特に皮脂の過剰分泌を促してしまう食事に注意しましょう。

どのような食品が皮脂の過剰分泌を促してしまうのかというと、
・油っこい食品
・糖分の多い食品
・炭水化物
・刺激物
・お酒
このような種類の物になります。

もちろん全く食べてはいけないというわけではありません。
摂取量を減らして、逆に皮脂の過剰分泌を抑えてくれるような食事ができればよいでしょう。※3

脂性肌改善に役立つ洗顔方法

皮脂の過剰分泌を防ぐための対策として、洗顔も重要な対策になります。

基本的なことだけでもしっかりと覚えておきましょう。

まずは手をきれいにしておきます。
それから何もつけずにぬるま湯ですすぎましょう。
ここまで行ってから洗顔料を泡立て、顔を洗っていきます。
洗うときにも強くこすらないで優しくしましょう。
よくすすいで洗い残しがないように注意しないといけません。
最後に柔らかいタオルでしっかりと水気を拭き取ります。
洗顔だけではなく、洗髪も重要です。※5

脂性肌改善に役立つ食事

皮脂の過剰分泌を促してしまう食品があるのであれば、逆に皮脂の過剰分泌を抑えてくれる食品や栄養素はないのかというと、もちろん存在しています。それは野菜と魚介類をしっかりと食べる方法です。

さらにたんぱく質を多く含む食材もよいでしょう。
魚介類であれば不飽和脂肪酸やビタミンB2が多く含まれているサバがおすすめです。
食物繊維やオレイン酸が豊富なアボカドもおすすめできますし、ナットウキナーゼが含まれている納豆も皮脂の過剰分泌を抑えるのに効果的です。※4
[注]※1~※5は参照元の番号です。

スポンサーリンク

の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ