オイリー肌の原因と改善方法

肌がベタつく、脂ぎる、てかる、化粧ノリが悪い、すぐ化粧落ちしてしまう…こういったオイリー肌の原因は何でしょうか?
また、改善方法はあるのでしょうか?
オイリー肌の原因と改善方法について調べてみました。

スポンサーリンク

オイリー肌改善に役立つ洗顔方法

①最初に手をしっかり洗い、雑菌を落としておきます。
※毛穴を開かせ、汚れを落としやすくするためにも、ぬるま湯で洗顔します。
顔を濡さないで洗顔料を使うと、かえって肌の負担になります。

②泡立てネットを湿らせ、石鹸をネットに入れます。
その後、ぬるま湯を少しずつ足していき、こすってよく泡立てます。
(i)皮脂が多くでるTゾーンから洗います。
額につけた泡をT字に広げ、円を描くように泡を転がして洗います。
鼻は指の腹で軽くマッサージするようにしてください。皮脂が詰まって毛穴が黒ずみやすい場所です。

(ⅱ)次に頬を洗います。泡のクッションを使ってなめらかに力をかけずに洗いましょう。

(ⅲ)目元や口元は他の部分に比べてデリケートなので、泡をのせるだけにして手でこすらないようにしましょう。

③清潔なタオルを顔に当てて、吸収させるようにして顔の水気を取り除きます。
タオルは指よりも摩擦が起きやすいとされているので、こすらないように注意しましょう。※1

オイリー肌の原因

オイリー肌の人というのは、女性よりも男性に多いと言えるでしょう。
逆に乾燥肌は女性の方が多くなっています。

なぜ男性の方がオイリー肌の人が多いのでしょうか。

皮脂が過剰分泌される原因はいろいろとあるのですが、その中にホルモンバランスの乱れがあります。
特に「性ホルモンであるアンドロゲンの1種であるテストステロンの影響」が強いと言われているのです。
女性もテストステロンの影響が出るのですが、「男性の約20分の1程度」なので、男性の方が多くなるのは当然でしょう。※2

オイリー肌改善方法(メンズ)

オイリー肌を改善するためには、まず原因を突き止める必要があります。原因がわからなければ改善することはできません。
オイリー肌の原因にはいろいろとあるのですが、主なのは
・スキンケアの方法が間違っている
・過剰にケアをしてしまう
・食生活が乱れている
・ホルモンのバランスが乱れている
・喫煙やストレス
などが挙げられます。

もちろんこれだけが原因というわけではありませんが、今回挙げた5点は比較的改善しやすいと言えるでしょう。※1

オイリー肌改善方法(女性)

オイリー肌を改善するためには、日頃のスキンケアが大切になります。

そこで重要なポイントを紹介します。
それは
・洗顔の方法
・乳液やクリームの量
・日焼け止めを塗るタイミング
この3点に注意するべきでしょう。

洗顔の方法は、顔はやさしく洗うことや、オイリー肌に適している洗顔料を使うことが重要です。

乳液やクリームの量も、比較的たくさん使ってしまうことが多いのですが、量が多ければよいというわけではありません。

適量を使うようにしましょう。オイリー肌の人は、日焼け止めが落ちやすい傾向にあるので、「こまめに塗り直す」ことが重要になります。※3

オイリー肌改善に役立つ食べ物

オイリー肌改善に役立つ食べ物には以下のものがあります。

・きゅうり
皮膚を潤し、老廃物を流してくれるので、きゅうりはオイリー肌改善にOKな食べ物。体の余剰な油も排出してくれますよ。

・柑橘類
オレンジやライム、パイナップルなどの酸っぱい食べ物、特に柑橘類はオイリー肌に効果あり。
デトックスに役立ち、これらに豊富に含まれるビタミンCは肌の余分な油と老廃物を流す働きがあります。

・水分
水分のたっぷり含まれたスープや野菜・果物のジュースは体の水分を巡らせ、オイリー肌改善に一役買ってくれます。
お水やお茶を頻繁に飲むのもお勧めです。
冷たい水分は体を冷やすので、温かいものをゆっくり摂りましょう。

・緑の野菜
オイリー肌改善に大切なのは、繊維質。
ブロッコリやキャベツ、ほうれん草など繊維質たっぷりの緑の野菜はあなたの体から余分な油を搾り出すのにぴったりの食べ物です。

・豆類
豆類は食べてもその成分が糖分にならないので、たくさん食べてもあなたの肌を油っぽくしません。

・寒流の魚
鮭、マス、秋刀魚、たらなど寒流を泳ぐ魚には体にいい油であるオメガ3がたっぷり。

・グレープフルーツ
グレープフルーツに含まれる水分やビタミンC、食物繊維はあなたの皮膚と体から余分な油を吸い取ってくれます。

・生の果物や野菜
オイリー肌に悩むなら、生の野菜や果物を食べましょう。調理に使う油が体に入らないため、ビタミンや食物繊維が安心してたくさん摂れます。※4

[注]※1~※4は参照元の番号です。

スポンサーリンク

の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ