二日酔い(頭痛・吐き気)の原因

先日、飲み会があり、飲み過ぎたのか、帰りに何回も転び、肘や脚などに擦り傷と内出血ができた。これは初めての経験。
しかし、二日酔いの症状は出なかった。
ただ、暫く飲む量をセーブした。
ところが、数日後、少し飲み過ぎたのか、今度は二日酔いに。
頭痛があるが、我慢できない程、頭が痛いわけではない。
どんより重いと言う感じ。
二日酔いや、飲んで頭痛をするのは本当に久しぶりだ。
翌日になってもこの症状が治らないので、二日酔いの原因と対処方法について調べてみた。
ここでは原因について取り上げる。

スポンサーリンク

二日酔いで頭痛が起こる原因は?

二日酔いで頭痛が起こる主な原因はアセトアルデヒドだ。

アルコールは肝臓で分解され、アセトアルデヒドという物質に変わる。
肝臓がしっかり働いていくれると、アセトアルデヒドは二酸化炭素と水に分解され、体外に排出される。

それが、肝臓の働きが弱いと、分解されないアセトアルデヒドが体内に残る。

アセトアルデヒドは血管を拡張させる作用があり、拡張した血管は周囲の神経を圧迫する。

これが二日酔いの頭痛の原因である。

アジア人は欧米人に比べてアセトアルデヒド分解酵素の働きが弱いというのは通説だ。

さらに、日本人でもアルコールに強い人と弱い人の差はこのアセトアルデヒド分解酵素の働きの差によると言える。
※最も、体質的に一滴も飲めないという人も存在するが。

ただ、今回の私のケースの様に、普段、何ともないのにいつもより酔いが回ったり、二日酔いになるのは、体調によるものが大きいだろう。

あるいは、肝臓の機能が弱くなっている可能性がある。

二日酔いで吐き気がする原因は?

実は先日の飲み会の帰り道で一度、吐いた。
これも数年以上振りのこと。

二日酔いの吐き気については、アセトアルデヒド以外に別の原因が考えられる。

それが、胃食道逆流症(逆流性食道炎)。
胃と食道は食べ物等の逆流を防ぐ為に、細く締まっているが、アルコールを飲むと、緩む。

すると、液が食道に流れてしまい、吐き気・胸やけ等の二日酔いの症状が生じる。

最も、吐き気があっても吐けない時は、苦しい。
そういう時は、口(喉)に手を突っ込み、無理やり吐くと楽になった経験がある。

以前、ある方から聞いたのだが、「吐くものが無くなると胃酸の青い液が出る」とか。

体に悪いモノ(腐ったもの等)を食べると、吐き気がして吐くと楽になるが、あれも身体から毒を排出しようとする体の防衛本能だろう。

アルコールも基本、毒なので同じなのかもしれない。

これは私の勝手な想像だが、実際はもっと納得できる説があった。

それは、アルコールだけを大量に飲み続けたり、アルコール濃度高い飲物に胃粘膜がされると、胃にダメージを与えてしまう。

胃の調子が悪くなり、吐き気等が生じる。

私の場合、食べないで飲むだけの事が多いので、納得できる主張である。

二日酔いの原因はまだある

さて、ここまで二日酔いの頭痛や吐き気の起こる原因として”アセトアルデヒド”と”胃食道逆流症(逆流性食道炎)”を取り上げた。

しかし、二日酔いの原因はこれだけではない。

実はアルコールを飲み過ぎると体の中では脱水症状と低血糖状態が発生していた。

この脱水症状と低血糖状態が二日酔いの症状を引き起こしていた。

二日酔いの原因は脱水症状?

アルコールの飲み過ぎと脱水症状にどういう関係があるのだろうか?
また、それはどう二日酔いに結び付くのだろうか?

成程、アルコールを飲むとトイレが近くなる。
ただ、それは飲んだアルコール(水分)が排出されるだけと考えていた。

しかし、アルコールが分解されて炭水化物と水になって排出されることを忘れてはならない。

アルコールそのものにも利尿作用があり、思った以上に体の水分は失われていく。

さらに、アルコールを飲む時につまむ”おつまみ”には塩分過多のものが多く、これを排せつするためにも水分が使われる。

こうして、体内の水分が6%失われると、脱水症状による頭痛が起こる。

成人の場合、体の水分は体重の65%。
70kgだとその65%は45.5㎏。
その6%ということは2.73㎏。
約2.7Lだ。

トイレに何回も行ってもこんなに出るのかは甚だ疑問だが、二日酔いの原因に脱水症状を上げている情報は多い。

低血糖状態で二日酔い?

アルコールの飲み過ぎで低血糖状態という情報を得た。

アルコールと言えば、糖分を発酵したものなので、低血糖とは全く結びつかない。

アルコールの飲み過ぎで低血糖状態というのはどういうことなのだろうか?
さらに、それで二日酔い?

私には理解不能の領域に踏み込んだ感じだ。

アルコール飲み過ぎが血糖値低下を招く仕組みは以下の通り。

肝臓がアセトアルデヒドを最優先で分解しようとするため、肝臓での糖の合成が抑えられ、血糖値が上がりにくい状態になる。

そのため、だるさや疲れを感じやすく、頭痛や筋肉痛にも関係していると考えられている。

アルコールを飲み過ぎると甘いものが欲しくなることがあったが、それはこういった理由によるのだろうか?

二日酔いの原因:まとめ

二日酔いの原因について見てきた。

二日酔いの頭痛や吐き気の主な原因は以下の5つ。

①アセトアルデヒド⇒頭痛
②胃食道逆流症(逆流性食道炎)⇒吐き気
③脱水症状⇒頭痛
④低血糖状態⇒頭痛
⑤胃が荒れている⇒吐き気

これについて言及しているサイトは多いのだが、「エビデンス(根拠)はない」といったサイトもある。

実際のところ、何が原因なのだろうか?

私は以前、日本酒を飲むと頭が痛くなること多かった。
(今はないが)
これには何が原因しているのであろうか?

アルコールの種類によって二日酔いになり(酔い)易い、二日酔いになり(酔い)にくい、といった違いあるようだ。

その違いは何なのか?
これについては別の機会に記事にしたい。
▶二日酔いには肝臓サプリもオススメ⇒肝臓サプリのお試しセット比較

スポンサーリンク

二日酔いの関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ